板金塗装なら国産車はもちろん、欧州車をはじめ外車の修理で実績と信頼のNKMボディーへお任せ 東京 品川区区

板金塗装・車修理など
東京都品川区のNKMボディー

ホーム > 板金塗装

板金塗装

  • ディーラー級の塗装技術
  • 下地処理から丁寧な仕上げを心がけています
  • 車の修理をしたいけど値段が高い、時間も掛かるなどの理由で車のキズをそのままにしていますと、
    ボディーなどのへこみはそこからサビが広がる場合もあります。小さいキズも大きなヘコミも
    新車のように直します。
  • 一度電話をいただいて車を見せてもらい「無料見積」をいたします。

CASE 1 日産エクストレイル  【中】事故:保険適用

スタッフから:
他社と比較してください。車塗装、車修理の料金はかなりリーズナブルです。

STEP1.入庫
事故でご入庫時のお写真です。

STEP2.板金準備
外装をばらばらにし内部も交換します。鈑金開始です。内部もかなりの損傷です。

STEP3.交換
外側のクオーターパネルの交換です。

STEP4.塗装
塗装に移りました。

STEP5.完成
事故前と同じ状態に復元して完成です。

【料金】
板金工賃   193,840円
塗装工賃   150,570円
---------------------
 小計   344,410円
当社は上記から20%を引かせていただきます。
小計275,528円7万円引き)です

CASE 2 トヨタレクサス  【小】事故:保険適用

スタッフより:
トヨタでレクサス専門で塗装ををしていたので仕上がりは良好です。

STEP1.入庫時
入庫時は傷もしっかり目立っていました。

STEP2.板金
右側のクオーターパネル、リアドア、フロントドアの3パネルのキズの修理です。

STEP3.完成
コーティングもやり直して甦りました。

板金工賃   58,400円
塗装工賃   139,920円
---------------------
小計      198320円
当社は上記より20%を引かせていただきます。
小計158656(4万円引き)です

CASE 3 トヨタヴェルファイア  【小】事故:保険適用

スタッフより:
鈑金はトップレベルだと思います。
自信を持てる技術をお客様へ。

STEP1.事故
事故入庫時の写真です。

STEP2.修理
バンパーを取り外し鈑金開始です。

STEP3.修理
バックドアパネルの折れを修正します。 角の折れ方がひどかったのでディーラーなら交換を進められています。

STEP4.塗装
内外も塗装します。

板金工賃   82,390円
塗装工賃   107,152円
---------------------
小計     189542円
当社は上記より20%を引かせていただきます。
小計151633(3万円引き)です

40bc4801a303b0761aadea400363fa2a_f39.gif

リサイクルパーツを使うことによりもっとリーズナブルな
お値段でご修理いただけます。“エコ”な時代にピッタリです。

板金塗装についての用語辞典

足付け
塗料やパテを塗る前にサンドペーパーで細かい傷をつけ、食い付きを良くする。
この作業を怠ると、後で塗装剥がれなどのトラブルを起きます。

裏吹き
新品パネルなど,ボディーに取り付けてから塗装をする場合に付けてからでは色が入らない場所を、外した状態で先に塗っておく。

オールペン
オールペイントの略で、全塗装のこと。
一言でオールペンといっても、同じ色で塗りなおす場合と、違う色に塗り替える場合で、やり方が大きく変わります。
同色の場合は車の表面だけ塗ってもきれいになりますが、塗り替えの場合、ドアの内側なども塗るため、塗装箇所やパーツの脱着などが増えます。

ブロック塗装
修理箇所のパネルのみを単体でぼかさず塗装すること。

ぼかし
ぼかしとは、スポット補修をする際、塗った所と旧塗膜との色ずれを避ける為に、塗料を薄めながら徐々に周辺に塗り広げていく塗装法。

ぼかし目
色における「ぼかし塗り」とは別に、塗った部分と旧塗膜とのクリアーの境目のことを言う。
境目がざらざらになっていたり、はっきりと線が出ていると目立つ為、その部分だけクリアーを希釈してなじませ、最後に磨くことで、境目を目立たなくする。

マスキング
塗装をするとき、色が他の場所にかからないように、塗装面以外に紙やビニールを貼ること。
マスキングをすることを養生する。囲う。とも言います。

目 「め」
サンドペーパーなどで削ったときに入るキズのこと。目が粗い、目が細かいなどと表現します。
目消しとは、パテ等をサンドペーパーで研ぐときに付いた目(ペーパー目)をより細かいペーパーで研ぐこと、キズを消していく作業。


Top